【当院で行っている新型コロナ院内感染対策】

【1】予防接種・乳幼児健診の専用時間を設けています。

【2】定期的なフォローが必要な慢性疾患・アレルギー疾患の専用時間を設けています。

【3】受診待ち時間の短縮を目的とし予約数の制限しています。

 

当院では院内感染対策とし大きく2つに分け考えています。

1)医療従事者↔患者間の感染
① 受付にシールドを設けました。
② 医師・看護師・受付ともにマスクやゴーグルをつけて対応しています。
③ 発熱・咳ありの診察時間ではさらにガウンなどの感染防御をしていることがあります。(驚かないでくださいね。)
④ 待合室・診察室などの換気を徹底しています。

2)患者↔患者間の感染
① 発熱や嗽がある患者さんとない患者さんの診療時間を分けて対応しています。
② 待合室の椅子や受付カウンターやドアノブや診察室やトイレなどの定期的なアルコール消毒を施行しています。
③ おもちゃや絵本などは一時下げさせてもらっています。
④ 待合室にいる人数を減らすため診察時間の余裕をもって予約をとらせて頂いています。
⑤ 待合室・診察室ともに換気の徹底をしています。

各種報道などでご理解して頂いている方も多いと思いますが、現在流行してる新型コロナウィルスは初期の症状では風邪症状と区別が付きません。また感染していても無症状(不顕性感染)の患者さんも多くおられます。
感染経路としては現在、接触感染・飛沫感染・エアロゾル感染と考えられています。
3密を避けましょうといわれているのも飛沫感染やエアロゾル感染は空気がよどむ場所で起こると考えられているからです。当院も行っている診療時間を分ける取り組みは発熱などの症状が出ている場合に最低限必要だと考えますが、一番大事なのは常に空気が動いているという環境すなわち換気だと思っています。当院は換気を徹底し、換気扇はもちろんすでに入り口含めいろいろな窓が開いています。