昼間

1 まず、かかりつけ医、家庭医の診察をうける、相談することが原則です。かかりつけ医の診療時間を元気な時にしっかり把握する、記載しておくことが大切です。しかし24時間体制ではないと思いますので、「時間外に調子が悪くなった時はどうしたらよいでしょうか?」と先生にあらかじめお聞きしておきましょう。
2 当院の場合はかかりつけ医機能として、「時間外は必ず電話の上御来院ください」とお願いしております。休診日、時間外は往診、外出等で不在のこともあり、わざわざ御来院いただいても、そこから他の医療機関にまわるか、自宅に帰ることがあり、身体にご負担をかけますのであらかじめご連絡下さい。
3 かかりつけ医が休診の時はどうしましょう。お近くの医療機関の休診日、診察時間を調べておき、診察をうけましょう。そしてそのことをかかりつけ医に次回報告しましょう。
4 昼間の時間帯9時頃から18時頃までは多くの医療機関が診療しておりますが、多くの医療機関の診療時間が手薄な「ファジータイム」夜間、深夜、休日特に朝5時~9時、17時~21時~24時の間(5時に診療終了の医療機関もあり)の対応も考慮しておきましょう。(医者はいつでも、どこでも、なんでもみるのが当たり前の時代ではなくなりました。かかりつけ医機能と病診連携、診診連携、等々の連携、体制を上手に利用していくことが必要でしょう。)

夜間

1 かかりつけ医の診療時間終了後から朝の診療時間開始までの急変時の対応を考慮。
2 急に具合が悪くなったら、患者さんまたは保護者の方が、診察を受けるか、少し様子を見るかの判断をすることは大変難しい点があります。普段と変わった症状であれば、受診するかまたは相談してみましょう。普段と変わった症状が昼間からありましたでは困ります。昼間のそのときに行動すれば、深夜の受診の機会は少なくなるでしょう。
3 当院の場合はかかりつけ医機能として「時間外は必ず電話の上御来院ください」とお願いしております。
4 横浜市、横浜市医師会での夜間急病体制は次のようになっております。(青葉区を中心として)

横浜市北部夜間救急センター

■ 内科、小児科: 夜間:20時~24時
都筑区牛久保西1-23-4
地下鉄センター北駅 徒歩5分

TEL: 045-911-0088

横浜市夜間急病センター

■ 内科、小児科: 夜間:20時~24時
■ 眼科、耳鼻咽喉科: 夜間:20時~24時
中区桜木町1-1
桜木町駅 徒歩3分

TEL: 045-212-3535

5 青葉区、青葉区周辺の医療機関、病院等の体制、連携はかかりつけ医に相談することも必要ですが、あらかじめ調べておきましょう。 リンク集をご覧下さい。

休日

1 日曜日と祝日を分けて休診日を設定している場合がありますので、注意しましょう。
2 最近休日に診療されている医療機関(病院は一般的に急患対応)がありますので、診療時間を確認しましょう。
3 青葉区周辺の休日急患診療所(内科、小児科)

青葉区休日急患診療所 9:00~16:00
973-2707
藤ケ丘2-20-10
都筑区 10:00~16:00
911-0088
牛久保1-23-4
緑区 10:00~16:00
937-2300
中山町1156-6
川崎市も各区にありますので、境界線の方はどちらをご利用いただいても可です。

青葉区休日急患診療所
9:00~16:00
973-2707
藤ケ丘2-20-10
川崎市も各区にありますので、境界線の方はどちらをご利用いただいても可です。

深夜 深0:00〜6:00

1 市内方面別の9病院で、深夜帯の小児科・内科の初期救急医療に対応する「基幹病院」
青葉区の近場には基幹病院並びに小児救急拠点病院である病院は

昭和大学横浜北部病院 都筑区茅ヶ崎中央35-1 949-7000
横浜労災病院 港北区小机町3211 474-8111

昭和大学横浜北部病院
都筑区茅ヶ崎中央35-1
949-7000
横浜労災病院
港北区小机町3211
474-8111

■ 基幹病院

主な基準

  • 小児科常勤医が4人以上いること。
  • 毎夜間、外来診療で小児科、内科の救急患者に対応できる医師をそれぞれ1名以上配置すること
  • 初期救急医療:外来診療により比較的軽症の救急患者に対応する医療
  • 時限措置の継続

その他 深0:00〜6:00

1

横浜市救急相談センター
  • 救急医療情報センター(医療機関案内)
  • 救急医療相談(必要性アドバイス)

#7119 又は 045-222-7119(平成28年1月15日~)

川崎市救急医療情報センター 044-222-1919

横浜市救急相談センター
  • 救急医療情報センター(医療機関案内)
  • 救急医療相談(必要性アドバイス)

#7119 又は 045-222-7119(平成28年1月15日~)

川崎市救急医療情報センター
044-222-1919


365日、24時間、電話により市民の方々へ病院や診療所をご案内しております。

2

神奈川県医師会中毒情報相談室(24時間対応)
045-262-4199

神奈川県医師会中毒情報相談室(24時間対応)
045-262-4199


家庭用化学薬品等(タバコ、化粧品等)の誤飲など、誤り摂取の事故が実際に発生した場合、電話により24時間お問い合わせにお答えします。

日本中毒情報センター つくば 0990(52)9899   大阪 0990(50)2499

日本中毒情報センター
つくば 0990(52)9899
大阪 0990(50)2499

3

横浜市医師会地域医療連携センター 201-8712

横浜市医師会地域医療連携センター
201-8712


お近くのお医者さんを紹介しております。横浜市医師会のホームページでの検索も可能です。
月曜日~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:00 (土、日、祝日、年末年始はお休み)

4

横浜市小児救急電話相談

#7499 または 045-229-7499
受付時間
平日(18時~翌朝9時)
土曜(13時~翌朝9時)
日祝日・年末年始(12/29~1/31 9時~翌朝9時)

5

お近くの病院、有床診療所

急性対応、慢性対応、診療体制、専門性そして時間外 夜間 休日 深夜の対応、連携がどのようになっているかあらかじめ調べておきましょう。

  • 昭和大学藤が丘病院
  • 昭和大学北部病院
  • 聖マリアンナ医大病院
  • 横浜総合病院
  • 新都市脳神経外科病院
6

救急車利用 119

救急車の利用が変わりました

何でもかんでも119番(救急車)を呼びましょうではなくなりました。病気、症状の軽重の判断は難しいところですが、一般的な話題として軽いとき、救急でないときはタクシー、自家用車の利用、また時間的に早く対応しましょう。 一刻を争う救急の方のご利用に困難を生じますとのことです。はじめから慣れませんので判断が困難なときはあまり考えずに、まず電話してみましょう。

以上、現在の状況を私見を含めてお知らせいたします。ご参考にしてください。