横浜市あざみ野病児保育室とは?

横浜市の委託で病気のお子様を一時的にお預かりする医療機関併設型病児保育室です。

  • 皆様が通われている各保育所、幼稚園等は「保育の基本方針」のもと、個性的な保育がなされていますが、「横浜市あざみ野病児保育室」は横浜市の委託による事業で、保護者が仕事を休まず、その間病児の心身回復に努め、一時的にお預かりする保育室です。
  • 開設場所は青葉区あざみ野ですが、横浜市、川崎市、東京の方でもご利用いただけます。
1

ご利用対象者の病児とは通常の外来通院で治療可能な病気、状態であること。
また保育所、幼稚園で37・5以上はお預かりできません、与薬はできません等々、ご利用できない場合に病児をお預かりする保育室です。
入院が必要又はそれに準ずる状態はお預かりできません。
麻疹、流行性角結膜炎はお預かりできません。
点滴などの医療行為を行う場ではありません。
その他病状によってはお預かりできないことがあります。

2

看護師・保育士が病初期の段階から病気のお子さまをお預かりします。

3

病児の方のご父兄の状況はその養育者が仕事の都合や事故、出産、冠婚葬祭など社会的にやむをえない事情で家庭での育児が困難な期間、一時的にお預かりする保育室です。

4

一時的とは通常保育ではなく、一時預かりの病児保育室です。通常の保育園での保育内容と異なり、お子さま同士の交流は難しく(お互いに病児であり、そして時には感染症です)利用者個々の負担にならない範囲でのご利用となります。

5

利用時は病児でありますが、病気にならないことも大切です。ご相談を受ければ普段の健康管理、疾病管理、予防医学(予防接種など)などの情報、支援を行います。 →長浜医院

6

地域で登録される方がご利用されますので、子育て支援の一翼を担う場と考えております。

横浜市あざみ野 病児保育室

TEL : 045-909-0510

FAX : 045-909-0501

病児保育室